2013年11月07日

初心者から始めた株式投資錬金術 杉山てつや チヤートで稼ぐ

 チャートにはセオリーがある!?
青木愛弥さんの師匠である杉山てつやさんの、片手間副業で毎月300万円を
稼ぐ株式投資錬金術の投資手法は、安定してチヤートで稼ぐ方法が分かります。



>>株式投資錬金術の詳細を見てみる



あなたは、株は良い銘柄を買えば儲かると思ってませんか?


株式投資などの本などでは、「将来性のある業績の良い会社を買おう」とかよく言い
ますね。


確かに将来有望な事業をしていたり、財務や業績が好調な企業の株は買われますが、
現実の相場ではそうならないことばかりです。


長い目でみれば、そうした企業の株は上がるのかも知れませんが、それがいつなのか
誰も分からないのです。
それは1か月後かもしれないし、来年かもしれないし、下手したら10年後かもしれない
訳です。


ですので、株は良い銘柄を買えば儲かるとは限らないと言うことです。


安く買って高く売るから儲かる訳で、大事なのは、その優良銘柄が直近で上昇しやすいのか
どうかです。
つまり、売買のタイミングが良ければ儲かるのです。


そして、それを判断できるのはチャートをはじめとしたテクニカル情報です。


チャートには投資家の心理が投影されていると良く言われるのですが、チャートの形には
セオリーがあって、高嶺更新だと上昇しやすい、安値割れだと下落しやすいなどの投資家の
心理には行動パターンががあり、投資家の気持ちが表れているんです。



例えば、高嶺更新だと上昇しやすいのは、最初にその株を買った人の気持ちとしては、
また上がると思ってその株を買ったにも関わらず、いきなり含み損になったとしたら、
どうにか下げが止まって上昇に変わることを願う筈です。


「せめて、買値に戻って欲しい」と含み損から早く解放されたいと思うのが人の心理です。
ですので、買値に戻れば売ろうと待ち構えている人が多くなり上昇しやすいのです。
この様に投資家の心理には行動パターンがあるのです。


この杉山てつやさんの、片手間副業で毎月300万円を稼ぐ株式投資錬金術の投資手法は、
6つの条件にあてはめて株を安く買い、出口のポイントもチャートに明確に表示されて
おり、チャートの見方が分かり判断できるようになることで、「もうちょっと伸びるかも…
と期待が膨らんだりして、悩む必要はなくなります。


10秒で出来る優良銘柄の選び方からリーマンショック、東日本大震災など大相場で大損しない
チャートのサイン、利益確定のポイント、トレーダーの心理を逆手に取り、安く買い高く売る
方法、ボリンジャーバンドの活用方法など、株式投資におけるあらゆる事をルール化してあります。



その為、初心者の方でも淡々とルールに従って売買すればいいだけです。
大きく利益になり、マイナスの場合は極めて小さくて済む、損小利大の投資法です。


そして、この株式投資錬金術の投資手法でチャートの見方をマスターすれば、絶好の
売買チャンスも把握できるようになれます。



今後、消費税は段階を追って引き上げられますし、年金財政は破綻するかも分からない
など、アベノミクスで景気が上向きになりつつあるとも言われていますが、正直、
先行きは不安だらけです。


もし、あなたが将来に少しでも不安があるなら、本業以外にも第2の収入の流れが
あればこれだけ心強いものはありません。


そんなサラリーマンや主婦の方、定年退職した方でも、片手間でルールに従い
取引するだけで、リスクを抑えてお金を増やすことができますので、株に関心の
ある方は一度参考にしてみて下さい。

株式投資錬金術の詳細を見てみる




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。