2014年10月20日

初心者から始めた株式投資錬金術 杉山てつや 損切りの根拠を持つ

 損切りが上手く出来ていますか?
杉山てつやさんの、片手間副業で毎月300万円を稼ぐ株式投資錬金術の投資手法は、
チャートを見て株の動きを判断することができるようになり、株式投資の初心者でも
あるルールに基づいて売買をするので損切りに迷うことなく、リスクを最小限に抑える
ことが出来ます。

kabusikitousi200.JPG

>>株式投資錬金術の詳細はコチラ



あなたは、上がると思っていた株の銘柄が下がったらすぐに売り払っていますか?


一般的に上がると思っていた銘柄が下がったら、ただちに売り払う、これが原則ですね。
2〜3か月にはここまで上がるだろうと思っていたのに、そこまで行かないどころか逆に
下がってしまったというなら、すぐにそれを外すことです。


実際に、これが出来るのがプロです。
ですので、株式投資のプロは塩漬けがありません。


上がると見込んでいた株が上がらない為、売れば損が確定してしまうから、売らない
ままで何年もその銘柄の株を塩漬けにした状態のまま持ち続けている。
これをするのは、殆どの場合が勝てない初心者クラスのアマチュア投資家です。


仮に短期投資で、2割程度の損を出したとしたら、直ぐに売り払って、そのお金で、2倍、
3倍にも上がる株を買うという決断が出来るのがプロの投資家なんです。


また、自分が買った銘柄が値下がりしても、根拠があり誤っていないと判断できるなら
続けるべきです。
この買った根拠と言うのが最も重要であって、これがなくならないかぎり持続です。


だからこそ、株を買う時はその理由を思慮深く考えておくことが必要になり、そうすることで
衝動買いを避けることにもなるんですね。


その為にも、株式投資をこれから始める、既にやっているが思うように利益を出すことが
できていないなら、自分がその銘柄を買う理由や、損切りの明確な自分なりの判断基準となる
ものをしっかり身につけることが大切です。



つまり、自分なりの明確なルールを決めておくことが必要ということですね。
とは言っても、専門的な事を勉強しなければならないという訳でもありません。


ニュースをこまめにチェックしたり、企業情報に目を通さなければならないということでも
ありません。
また、雑誌などで評論家などが薦めていたり、人気がある銘柄も良いとはいえません。


何故なら、その時点で既に天井に達していることが多いからです。
つまり、株で大きな利益を上げるために、面倒な情報収集や、専門的な勉強など一切必要
ありません。


大事なのは、チャートを見てルール通りに買うだけでいいんです。
全ての答えはチャートに出ているからです。
もちろん、プロの投資家でも100%勝つことは出来ませんが、それでも損は最小限に抑え、
プラスになる時はその何倍、何十倍も利益を出すことができるのがプロの投資家です。



そんな、既に多くのアマチュア投資家を勝てる投資家に導いてきた杉山てつやさんの、片手間
副業で毎月300万円を稼ぐ株式投資錬金術は、下記から詳しくご覧になれますので、今後の
参考にしてみて下さい。

株式投資錬金術の詳細はコチラ




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。